原体験ドリブン体験会

ケンブリッジ大学のBarbara Sahakian教授の研究によれば、人は1日に最大3万5,000回の決断をしているそうです。その度に迷ったりブレたりしてたら疲れちゃいますよね。

皆さんは「今日のお昼は何食べようかな」から「これからのキャリアプランをどうしよう」まで、数々の選択・判断・決断をしています。「なんとなく」決めたことを後で後悔したことはありますか。昼飯ならば明日があるさ、ですが人生ならどうでしょう。命は有限で命とは時間です(by日野原重明先生)。人生の岐路に立つような重大な決断や選択には「なぜそうするのか」の内発的な動機が必要です。「上司の指示で」「会社の方針で」「世間が」はすべて外発(圧)的動機です。そしてそれは状況が変わればいとも簡単に無慈悲に変わってしまうものなのです。自分の人生は自分で決めるもの、その基準となるのが無意識の下に眠っている原体験です。原体験はその人固有のもので変わることはありません。原体験を意識することで自分がなぜそうするのかを自信をもって説明でき、ブレることなく行動に移すことができ、やりきる力を得ることができます。原体験ジャーニーはそんな自分を探す旅、原体験ドリブンは原体験を根拠とした行動指針です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。